株主優待とはどういう制度?銘柄選定基準になる?

株主優待は、企業が一定の単元の株式を保有している株主に対して、物やサービスで利益還元をする制度です。
株主になるためには、権利日までにその銘柄を購入して保有している必要があります。
銘柄によって最低単元数は異なりますが、一単元を保有していると株主優待の権利を受けられる銘柄がほとんどです。

株主になるためには、株取引で利益を出す方法は値上がり益のキャピタルゲイン、配当金のインカムゲイン、そしてこの株主優待の3種類があります。
ですから銘柄選定する際には、株主優待も一つの基準となります。

株主優待は株主だけではなく、企業側にもメリットのある制度です。
企業側は自社製品を試してもらえる機会から商品やサービスの宣伝にもなります。
今はネットで受け取った優待商品を公開しているブロガーも多いですので、魅力的な商品を提供することで企業のアピールにもつながります。

株主側は実際に商品を試せることで、その企業価値を判断するものさしにもなります。
配当金は現金での還元ですが、株主優待は商品やサービスでの還元ですので届いた時の楽しさもあります。
魅力的な株主優待に釣られて購入を決断するという人も少なくはありません。

配当金や株主優待というのは株主に利益を還元する制度であり、企業が利益還元に対して積極的であるかどうかの判断基準になります。
長期保有する時にも、利益を還元してくれる企業であればより応援して保有しつづけたいと思えます。
企業は株主優待を用意することで、長期保有してくれる株主を期待しているのです。

人気のある銘柄では権利日前に高騰することもありますので、長期保有するつもりなら早めに買っておかなくてはいけません。
権利付き最終売買日頃に売れば利益を出すことができますし、権利日が過ぎたあとに権利落ちで買いのタイミングもやってきます。
人気の株主優待の銘柄では権利日前後でキャピタルゲインを得ることもできます。
中長期目線で取引をするのなら、株主優待に着目して取引をするのも良い判断です。

旅行好き必見!レオパレスの株主優待とは

旅行に行くことが多い人にオススメなのは、宿泊先のホテルが無料、サービス価格で利用できる株主優待です。
株主優待では高級感のあるリゾートホテルを格安で利用できますので、旅行好きな人は選定基準にしてみてください。

レオパレス21はアパート・マンションを運営、リゾート施設の運営、旅行業も営む会社で、グアム現地のグアム島内のホテル・リゾート施設の運営を行なう会社も系列にあります。
レオパレス21の株主優待は、宿泊券がついてきます。株主優待券1枚で、グアムのホテルに1泊1室無料で大人2名までの宿泊が可能です。
レオパレスリゾートグアムは、ホテル敷地内にレジャー施設が一体化しているホテルですので、カップルや家族連れどちらも満喫できます。

グアム旅行に行くことのないという人でも、国内レオパレスホテル宿泊料が半額になりますから、よく旅行に行く人ならお得に活用できます。
国内のレオパレスホテルは札幌、仙台、名古屋、博多と観光にもぴったりの全国4箇所に展開しています。
駅前に近く便利な立地にありますので、気軽に旅行を楽しめます。

この無料宿泊券は100株の場合、グアムと国内ホテルの宿泊券が年に2枚ずつもらえますが、3年以上株主になっていると3枚ずつに枚数がアップします。
残念ながらもらえる宿泊券の枚数は1000株以上保有しないことには変わりません。

1枚で2名までしか利用できませんので、家族で旅行に行くために利用するなら足りなくなってしまいます。
差額を支払って宿泊することもできますが、株主優待を活用して旅行を楽しみたいのなら家族名義でも株を保有しましょう。
レオパレス21は100株から株主優待がもらえますので、最小単元の100株を家族名義で権利を取得しておけば活用できます。