資産運用は10万円からでも意味があるの?

「資産運用」には、既に持っている多額の資産を運用するというイメージを持つ人も多いかもしれません。
10万円という金額では「資産」という印象を持たない人もいるかもしれませんが、資産と呼ぶのに決まった金額はありません。
100万円単位でないといけないなどということはないのです。

そして、10万円でも運用方法はさまざまにあり、資産運用を行うことができます。
そうしてお金が増えるのなら、資産運用の意味は大いにあるのです。

大抵の人は10万円を銀行預金としているでしょう。
この低金利では、銀行の預金の利子ではとても資産運用ほどの利益は得られません。
元本保証があるので金額自体は減らない安心感はありますが、インフレや消費税などの上昇でその金額の価値が目減りする可能性があります。
10万円から銀行預金の利子以上の儲けを出す必要があるのです。

10万円からでも資産運用の方法はさまざまにあります。
債券なら、個人向け国債が1万円単位で購入可能です。投資信託が100円単位で購入できることもあります。
株については最低売買数が決まっており、確かに100万円の資金がある人の方が有利ですが、10万円からでも株式市場に参戦できます。
価格の安い株を購入したり、「ミニ株」という制度で最低売買数未満の株数を購入したり、「るいとう」という制度で資金を積み立てながら株を購入したりする等の方法があります。

10万円からの資産運用は、自分への投資でもあります。
投資そのものは少額から手軽に始めることができます。しかし、儲けを出し続けることは難しいものです。
また、その人のライフスタイルによって運用方法も運用の目標も異なります。
自分なりの運用スタイルと目標を知るために、まずは10万円から資産運用に慣れていく時間が必要です。

今後は「老後資金も公的年金で安心」とは言えなくなります。
企業型であれ個人型であれ、確定拠出型年金の導入が進み、自分の老後資金は自分で資産運用する時代になりつつあります。
幸い国も税制面の優遇などのバックアップをしてくれています。
老後を迎えるまでに資産運用にある程度習熟しておかなければなりません。

10万円という比較的少額から投資に慣れていくことには、将来100万円単位で資産運用をするかもしれない未来への投資という意味もあるのです。

資産運用は主婦に人気?主婦の資産運用ブログが面白い

資産運用は「お金に働いてもらう」ものです。何らかの事情で外で働けない人にとっての収入源となります。
家庭の主婦は、育児や介護で安定して外に働きに出られないことも多いものです。
そのような背景もあって、株取引などの資産運用を行う主婦が多いのです。

「ミセスワタナベ」という有名な主婦がいます。もっとも、個人の名前ではありません。
為替相場の動きを調べてみると、取引時間などから「どうも日本人の主婦が相場を動かしているらしい」という事実が浮かび上がり、国際的に日本の個人投資家を「ミセスワタナベ」と呼ぶようになりました。
女性の個人投資家は国際的に見ても存在感があります。

女性は日記をつづるのが好きな人も多く、ブログで自身の資産運用生活を公表している人も多いです。
検索結果で上位に表示されるブログを読んでいると読み応えがあって面白いものです。

家に居なくてはならない事情があっても、隙間時間であれば多くあるものです。
そこで、株や為替の市場の動向をしょっちゅうチェックしながら、少額でも機動的な取引を行うことで儲けを出している主婦もいます。
ブログを書くような人は内省的な視点がある人が多いからか、主婦なだけあって金銭感覚がしっかりしているからか、やや投機的な取引でも自分を見失って過剰にハマることなく、上手に距離をとって運用しています。

また、空いた時間を見つけてしっかり勉強をしています。投資には経済などの知識や情報を身に着けることが不可欠です。
これらの知識や情報は近年ネットで手に入るようになりました。主婦たちもしっかり情報収集を行っています。
ブログの文章にも専門用語や隠語が自然と登場します。

人によって事情は異なりますが、一般に女性が家族を養うことは男性ほど多くありません。
投資で得た利益は次の投資に振り向けられます。
また、多少はパートなどに出て資金を稼ぐこともあるでしょう。
こうして、時間の経過とともに資産運用の規模を広げてきたことが分かる主婦ブログもあります。

誰かを養うためではないので、大胆な行動をとることも多くあります。
多くの銘柄を保有して、かなりの金額を動かしている人もいます。男性以上に積極的な資産運用をする主婦も多いのです。