IPOはどのように選べば儲かるか

IPOの選び方は人それぞれですが、儲かるという観点で考える場合は注目の集まりやすい有名な企業の上場を狙うと良いでしょう。
多くの投資家からの注目が集まっていれば、それだけ多くの方が上場初日の取引に参加し値動きも大きくなる見込みがあるからです。
注目の上場は事前に宣伝があったりメディアで取り上げられたりと話題になるので、儲かるIPOの抽選確率を高める努力を怠らないようにするべきです。

証券取引所は毎年様々な分野のIPOを取り扱いますが、全体の件数で見ればそう多い数ではありません。
IPOは投資家がどの銘柄に応募するかを選ぶと同時に、投資家も様々な形で振るいにかけられます。
この為、投資家は少ないIPOの中から有望な銘柄を選んで応募にも当選するという過程を経なければいけません。

そこで、儲かるIPOの選び方は2通りに分かれるでしょう。
まず、IPOの中から特に注目度の高い銘柄が登場するのを待って投資する方法です。
チャンスが少ない上に抽選に応募する事になりますから、複数の証券口座を開いてそれぞれに十分な投資資金を入金しておくといった努力が必要になります。
家族で投資を行っているのであれば、家族で別々の証券口座から抽選に参加する事等の工夫をする事で当選確率は高まるでしょう。

次に、IPOとして上場する銘柄に片っ端から抽選に応募する方法です。
この方法はIPOは初値が上昇しやすいという特徴を踏まえ、下手に選別するよりも数をこなした方が儲かるという考え方が根底にあります。
IPOであれば迷わず応募する形になりますから、全体で見れば当選率は高まり儲かる確率も高まるでしょう。

いずれの方法を利用するにしても、ネックになるのは数多くの応募者の中から当選するという事です。
厳選した銘柄で利益を出すにしろ、全ての銘柄をターゲットに入れて積極的に利益を出していくにしろ、儲かる為の努力を惜しまず当選確率を高めていきましょう。

IPOの公開スケジュールを事前に知ることは出来るか

IPOの重要な要素の一つに公開スケジュールがありますが、この情報は誰であっても事前に入手する事ができます。
情報入手に特別な資格は必要なく、いつどのIPOが上場するかは予め明らかになっている状態です。
公開スケジュールを上場前に入手できる事は、投資家によって評価が変わる部分になるでしょう。

例えば、IPOの抽選に応募して当選した株を初値で売却する形を目指している方であれば、それほど大きな意味はありません。
IPOは上場前に株式を購入した投資家がいる状態で上場しますから、抽選に当選さえすればスケジュールがいつであるかは大した問題ではないからです。

投資に運用できる余剰資産が比較的少ない場合は、少し話が変わります。
IPOの公開スケジュールがわかっているのなら、どのIPOの抽選に申し込んでいくかの計画を立てる必要あるからです。
IPOの抽選に片っ端から応募するだけの余剰資金があるのなら問題になりませんが、余剰資金が少ない場合は初値が下がるIPOに当選してしまうと損益に繋がるでしょう。
初値が下がる事は少ないものの、リスクがゼロでない以上は一考の必要があります。

IPOの初値ではなく、注目が集まる事を利用して上場日の取引に参加で儲かるようにしたい方は公開スケジュールが重要になります。
大きく値動きする注目の銘柄がいつ登場するかによって、投資する順番を決めていく必要があるからです。

これらのように一般的なIPOで利益を出すパターンであれば、公開スケジュールの意味はいつ抽選があるのか程度の認識でも構いません。
より積極的に利益を出していきたいのであれば、公開スケジュールに基づいた計画を立てていく形になっていくでしょう。